」タグアーカイブ

【読書レビュー】半径5メートルの野望。より幸せに人生を生きる指南書!

こんにちは、たーちーです。

今日は、はあちゅうさんの本:半径5メートルの野望(Amazon楽天ブックス)、を読んだのでその内容について紹介します。

Twitterとかでは既に色々紹介されているけれども、自分なりに思った事をアウトプットする事で違う角度からその魅力を伝えることができればと思いまして。

 

スポンサードリンク

 

半径5メートルの野望、というタイトルからは、身近な所から自分の思い通りにしていって、その影響範囲を広げよう・・という思いがこもっているのかな、と思いました。

なので、その思い通りにする所をどうするか、という事が多く書かれているのかなと思って読み始めましたが、中身については良い意味で違う方向だなと感じました。

実際読んでみての印象としては、そういう側面で書かれているのかなと思う所もありましたが、どちらかというと身近な所をコントロールするというよりは、自分がなりたいものになっていくためにどうしていけばよいのか、この今の時代をどう自分らしく生きていくか、についてどんどん書かれているように感じました。

私はあまり、著者のはあちゅうさんの事は詳しくないのですが、彼女自身がきっとずっと思ってきたこと、重視してきたことについて、鼓舞(他人だけではなく、きっと自分自身に対しても)も込めて書いている本なんだと感じました。

何というか、とにかく元気をもらえました。良かったですよ。

 

 

彼女が体験したネガティブな事の所で、日本一のブス、というのがありました。

私は彼女の顔を写真で初めて見た時に、笑顔がきれいな人だなあと思って、むしろそういう美人系で売っている作家の方なのかなと思いましたが、色んな事を言う人がいるのですね。

かなりネガティブな事をたくさん言われて、落ち込んだと書いておられました。

私自身も色々ネガな事を言われて、それはそれで別のブログで紹介しつつ似た事で悩んでいる人のために少しでもならないかなーと思って発信していますが、何だかスケールが別次元ですね。

特に女性にとって、ブスと言われるのは相当きつい言葉なのだろうと思いました。

 

スポンサードリンク

 

でも、そのネガティブな所から反発して、やってやろうと思ってエネルギーにして前に進んでいけるというのは、自分とは少し違って、すごいなあと思います。

自分はネガな事をネガに捉えてしまって、反発するとかいうよりも、落ち込んでしまうケースの方が多いのですが、それがエネルギーに出来る・・というのは、いいなあと思いました。

そういう事がエネルギーにできるには、どうしたら良いのかな・・

 

ひとまず自分としては、自分が思った「理想」や「夢」を「予定」にしてしまえるように、とにかく目標に向けて自分なりに行動してみる、深く考えすぎずに行動を続けてみる、という事を意識しようと思います。

よく、考えすぎて止まってしまう人なので。

 

よーし、頑張るぞ!

 

半径5メートルの野望(Amazon楽天ブックス)、オススメです。

 

スポンサードリンク

 

好きなことだけで生きていく。を読んで。

こんにちは!たーちーです。

今日は、久々にホリエモンの本を読んで、ビビッと来たのでアウトプットします!

 

スポンサードリンク

 

その名も、「好きなことだけで生きていく」です。

 

・・うーん、そんな事出来るのかな〜

またホリエモンそんな事言ってるよ・・

 

そういう風に、普通は思うのではないでしょうか。

 

私は良い出会いもあって、そういう人生にしていきたいな〜と思って半年ほどですので、

そう遠い思考には思いませんでしたが、

会社で普通に話す同僚は、やっぱりこういう思考は遠いように思います。

 

過去の私含め、会社で普通にサラリーマンをしていると、

今勤めているこの会社が潰れるなんて、正直思いません。

 

でもきっと、昨今話題の東○に勤めておられる人も、そう思っていたのではないでしょうか。

また、東日本大震災前の、東○電力の方も同様の気持ちではないでしょうか。

 

 

大企業が故に、今の○芝のような事態に陥るリスクも上がっていると思います。

経営陣がどれくらい実際にヤバイことをしていたのかは分かりませんが、

そういう、自分がなんとも出来ない所で自分の人生が変わってしまうのは、

ちょっと残念ですよね。

まあ、隕石降ってきたらとか言い出したらキリがないんですけど、

大企業が危機に陥ってしまうリスクは、隕石落下よりもずっと高いんだという事を、

ここ数年で身にしみて思うところがあります。

 

会社の先輩で、まさにその渦中の○芝に勤めておられる(はずの)方がおられます。

その方は大学院時代の先輩で、とても優秀な方でした。

私が今、勤めている会社と、上記の会社をどちらも通って、

前者の平均年齢がやたらと若いのでそういう会社は怪しい、

という目線で見て、上記の会社に入られました。

それはそれで一つの選択肢なんだと思いますが、それが今のような状況になって・・

本当に心配です。

 

スポンサードリンク

 

ただ、私も彼のことを単に心配している余裕はないです。

しっかりと前を見据えながら、好きな事をやりながら、情報発信もしっかりしながら、

自分の武器も磨きながら、遊ばないと!!(あれ、順番違う??)

 

と思いました。

とりあえず行動あるのみ!

しっかり考えてしまう性格なので、そこも考えました。

 

1000円弱でここまで意識をぐっと持ってきてもらえたので、

大変ありがたいなと思いました。

 

 

ただ、少し思うところとしては、ホリエモンの本を読むことそのものに対して、

普通の人は少し抵抗が有るのではないかな?

そして、そういう人に対してこそ、ホリエモンはアプローチしたいんじゃないかなあ。

と思いました。

 

そういう意味では、ホリエモンの思想を、ホリエモン以外の人が伝える必要があって、

そう考えると、彼が考えているbotのスタイルというのもありなのかもしれない、

と思いました。

 

でもあまりにbotだと、その人のことも遠ざけるか・・

うーん、アプローチって難しいな・・

 

 

最後は逸れましたが、この本はオススメですよ。

リンクはこちら(楽天ブックスAmazon)。

 

スポンサードリンク