ココロ

しんどくなり始めた時に、日記をつけてみた。すると・・

投稿日:

こんにちは、たーちーです。

今日は、私がしんどくなり始めた時に、日記をつけてみたら、色々良い事がありましたので、その紹介をしようと思います。

 

日記をつける?(正直面倒だな・・)

それ系の病気について調べていると、すぐ、日記をつけると良いよ!

という事が書かれていたりします。

私はとってもぐうたらなので、日記なんて続かないよ・・と思いながらも、まずは書いてみるか、と思って書いてみました。

まだ休み始める前、会社にいながらも、しんどくなり始めたときです。

それ専用のノートも何個かあるようですが、そういうノートだと後から融通が利かないので、普通のノートで書き始めました。とはいえ、気に入っている、フルフラットにできて好きなこのノートを使ってました。

 

2ヶ月ほど書いていると、少しずつ分かることがありました。

 

まず、書くことで自分の気持が整理できること。

整理しようと思って書くわけではないです。

 

とにかくどんどん、思った事を書いて書いて、書き出してみる。

1日1ページとか、これだけとか決めずに、書きたい日はどんどん書く。

なるべく毎日書くけど、書かなかったからといって思い悩んだりもしない。

 

書き方とかも、気にしない。

変にルールを色々決めすぎても、書きにくくなります。

 

この関係性ってどうなんだろうとか、好きな事とか嫌いなことってなんだろうとか、

日記を書き始めたら分析したくもなりますが、

その時にフォーマットがあまりにカッチリとしてると、やりにくいです。

 

ただ、日付は書いておいたほうが後から分かりやすいですよ。

 

書いてきた内容について、読み返してみる

次に、書いてみた内容を、その場で見なおしてみましょう。

ああ、自分は今こう思っているんだなと思いませんか?

そして、気づく所も少なからずあります。

ああ、こんなに人の事で悩んでいるんだ、とか。

 

そしてこれを、できれば数ヶ月ほど、続けてみましょう。

 

そして、読み返してみましょう。

 

読んでみると、家族は色々協力してくれていました。

私が自分の時間を作るよう、できるだけ努力してくれていました。

単純に仕事が忙しかったので、その休息をしたほうが良いという意味だったと思います。

まさか、こんなに精神的に参っているとは思っていなかったと思います。

 

そして、その自由な時間を、きちんと自分の時間としても使っていました。

その自由な時間を使って、好きな事をやる努力?のような事をしていました。

 

ただ、でも本当に好きな事をやっていたかは、復帰後思うと、微妙です。

 

こう過ごすべきなのでは・・とか、こう過ごしておいたほうが良いな・・とか、

そういう、何か変な思い込みみたいなことをしながら、過ごしていたようです。

 

自分のことは、自分は意外と知らない

思ったより好きな事をやっているとか、やっていないとか、嫌いなことが多いとか、おもったより少ないとか、そういうことから、自分自身を知って、知った後どうするか、につなげるためにも、日記はおすすめですよ。

自分自身は、意外と自分のことはわからないですし、忘れてるものです。

 

それではまた。

-ココロ

Copyright© たーちーの、お金と仕事とココロの話 , 2018 All Rights Reserved.