たーちーの資産運用・仮想通貨実践記

ごく普通のサラリーマンであるたーちーが、慣れない資産運用・仮想通貨・投資について勉強しながら社会に還元すべく発信を続けるブログです

読書

【読書】ユダヤ人大富豪の教えⅡは、資産形成・運用をまとめている良書!

投稿日:

こんにちは、たーちーです。

本田健さんの「ユダヤ人大富豪の教え」を読んですごーくいいな!と思ってから、このシリーズを読破しようと思い、「ユダヤ人大富豪の教えⅡ さらに幸せな金持ちになる12のレッスン」を購入しました。

こちら(楽天アマゾン)です。文庫本で、700円くらいですね。

 

以前は「スイス人銀行家の教え」として売られていた本が改題され、「ユダヤ人〜の教えⅡ」として販売されている本です。

 

内容はとても良かったので、どこが良かったのかをかいつまんでご紹介します!

スポンサーリンク

 

超簡単なあらすじ

まずはじめに、超簡単にあらすじを紹介します。

あまり書きすぎるとネタバレになりますので、簡単に。

 

お金持ちになりたいと切に願う主人公が、

以前ユダヤ人大富豪の教えでお世話になった人からの手紙をきっかけとしてスイスに渡航し、

そこで銀行家であるホフマン氏から、お金そのものやお金持ちになる事・お金持ちそのものの考え方について、あれこれ教わるシーンが物語調で進んでいく・・本です。

 

教えてくれる事それぞれに対して、とても大事だなと心から感じる内容になっていて、

老後の事や子供の教育費などを考えて、今の仕事の稼ぎだけでいいのだろうか??

お金を稼ぐための毎日から、少しでも脱却したい・・

今から、お金を気にしない生活にするために何ができる?

そう考えている人(=私)にとって、とても勉強になる本でした

 

また内容は物語調で進んでいきますので、小説好きな人にとっても、読みやすい内容だと思います!

 

たーちー
堅苦しい話ばかりじゃなくて、お話しっぽく読めますよ〜
ぶーちゃん
それなら読みやすそうだブゥ!

 

 

物語は実際あった話ではなく、架空の人物

念のため断っておきたいのですが、お話はあくまで架空の人物を元に進んでいきます

ここは賛否両論あるかと思いますので、紹介する最初にお話ししておきますね。

とはいえ、本田健さん曰く、本に出てくる言葉や場面の多くは、実際にあったことで、大切な思い出とのこと。

なので、中身まで完全に架空なわけではないです。

 

気にしない方にとっては、なになに??という内容かもしれませんが、念のため!

 

ぶーちゃん
中身がいいなら、どっちでもよくないかブゥ?
たーちー
気になる人には、気になるんだって!

 

 

たーちーの心に残った事

では早速、私なりに心に残った事を紹介しようと思います!

 

家族関係を根源として、自分のお金の価値観が決まっている

本の中で、ホフマン氏が主人公の家族構成や祖父母、およびそれぞれの人の個性やお金に対する態度について思い出すようにお話しするシーンがあります。

自分は自分の家族から大きな影響を受けていて、それが自分のお金に対する価値観を決定づけていると。

本から抜粋しますと、以下ですね。

ほとんどの人間は、自分の現在の経済状態や人間関係、仕事を含めた人生は、ある意味で運命だと思っている。しかし、それが、家族関係を根源としてできただけだと知ったらどうなると思う?自分を解放することができるんだよ。

 

実際みなさん、いかがでしょう?

 

祖父母や両親から、どのようにお金について言われていたか、どういうイベントがあったか、思い出してください。

そして、嫌だったこと、トラブルだったこと、それらが起きた時に自分が何を考えたか思い出してください。

 

それらが自分のお金に対する価値観を作っていると思いませんか

 

私に当てはめて考えてみますと、大いにそうだなと思う事があります。

数年前までの私のお金への接し方は、大枠以下になっていますが、見事に親や祖父母の考え方だったり、嫌だったイベントがきっかけとなっています・・

  • 多少お金があっても、質素倹約に過ごす
  • 外食や娯楽費はなるべくケチる
  • 教育費はケチらない
  • 家はなるべく早めに買う(持ち家信仰)
  • 投資はしない(怪しいから)

 

まずはこうやって、自分がどういうバックボーンで、どういう考え方をお金に対して抱いているか、

知ることはとても大事だなと感じました。

 

たーちー
自分の両親の事を赤裸々に思い出すのは、少し辛いものがあったなぁ・・
ぶーちゃん
本にもそう書いてあったブゥ・・でもやってよかったブゥ!
たーちー
ほんと、そうだよね。

 

なりたい自分を考えて、変われるためのあらゆる方策を考えて、今すぐできる行動リストを作る

この本でもこの文章にライン引いてました(笑)

こういうのが、私、苦手なんだなーと思います。

 

結構、単純な事といえば単純な事だと思いますが、できない人にとっては大変なんですよ!

毎日を半ば、諦めながら過ごしている。

 

こんなしんどい事、逃げたいけど、他に誰もやってくれないし、しょうがないよね・・とか、

家族のために自分が頑張らないと・・とか。

 

でもそれって、考えつかない結果の言い訳を家族に押し付けているだけなんですよね。

自分が、それに対して何とかしようと、結局してない。

できないんじゃなくて、やってない

 

今すぐどうにか出来るかというと、そうでもない事の方が多いとは思いますが、

将来にわたってそれが続く事を許容できるかというと、そうではないと思うし、

将来は何とかそれを変えたい

として、じゃあ本当にそれに対して自分が考えて動いてますか?

 

という事ですよね。

 

なんども思い出すフレーズでありながらも、なかなかできていない。

また頑張ろう!と、思いました。

 

たーちー
やりたい事は、なんども書いていってると、少しずつ本質に近く気がするよ
ぶーちゃん
本当にやりたいのは何なのか、整理してきているのかもブゥ!

 

金持ちのフェーズは色々あるが、まずはビジネスをして資産を形成する事が大事

具体的な行動に即座に落とし込める所でいくと、ここが自分にとってポイントでした。

資産運用が大事だなぁと思っていましたが、自分の持っている資産クラス(いわゆる○り人にはなっていないレベル)では、投資よりも資産形成の方が大事そうです。

 

具体的にここから・・という数字が本に出てきていた訳ではないですが、

主人公に対して求めている資産クラス(生活に対して不安がないレベル)を考えて、

また、以下の文:

「それで僕は、具体的には何をやればいいんでしょう?」

日本に帰ったら、自分の力でビジネスをつくるということをやってみなさい。ビジネスをゼロからつくり上げられる人間は、世界中どこに行っても、豊かになることができる。・・(中略)・・自由人になるための最初のステップが、ビジネスをマスターする事だ最初の1,000万円を自力で稼いでみなさい。

と、投資口座の話になった時の話:

そこから、あらゆる投資をしていけばいい。これも、多額である必要はない。少しずつから始めて、多くしていけばいいだろう。ただ、焦って、この講座にたくさんお金を入れない事だよ。持っているお金が少ないうちは、とにかく新たなお金を生み出す力を先につけることだ。投資の威力が発揮されるのは、ある程度まとまったお金ができてからだからね」

から、そうかな〜と思いました。

 

稼ぐ力・・確かに小さいんですよね。今は。

どんどん精進していきたい所です!!

 

たーちー
がんばる!
ぶーちゃん
本にも書いてあったけど、頑張っちゃダメブゥ。楽しむブゥ!
たーちー
あ、そうだね・・

 

他、いいなと思った事

あまり詳しく書くのも気が引けますので、上記のほか、こういう事が書いてあって勉強になった!(意識を変えようと思った)事を列挙しますね。

  • 普通の人はお金が価値判断の基準になっている
  • お金に自由を求めている人が、自由を求めるために忙しくなり、不自由になるパラドックスに陥りやすい
  • お金に対して無関心、もしくは感謝や応援と捉えられていればポジ
  • 自分なりの分析をどんどんする事で、鋭く本質を見極められるようになる
  • お金を稼ぐ際に、システム化する事が重要
  • いかにたくさん儲けるかではなく、いかにきれいに(多くの人を幸せに・豊かに)儲けるかを考える
  • 人は、相当な思いがないと変われない。
  • うまくいかないのは、失敗ではない。うまくいかない方法を発見しただけ
  • 「自分のやりたい事」「周囲を喜ばせる事」「全員が楽しめる事」の中心を射抜く

 

まとめ

最後は自分の備忘録っぽくなってしまいましたが、改めて。

この本、オススメですよ。

 

700円の投資でこれだけ意識を変えられるなら、安い投資だな・・と思ってしまいます。

リンクはこちらです(楽天アマゾン)。ご参考まで。

 

それではまた!

 

-読書
-

Copyright© たーちーの資産運用・仮想通貨実践記 , 2018 All Rights Reserved.